バッフィングの正しい知識を持とう!

爪の表面のバッフィングについて

マニキュアを塗るのが苦手だという人にも比較的容易に楽しめるジェルネイルですが、マニキュアに較べると爪に少々負担が掛かるというのが弱点です。

オシャレに拘る人は勿論爪の手入れも怠りません。表面を定期的にバッフィングしてツルツルにしておけば、マニキュアやジェルネイルがより綺麗に映えますし、塗りやすくもなります。

けれど、バッフィングすると言う事は、どうしても爪の表面を削る事に繋がりますし当然そこにジェルネイルを使用すれば負担もより増す事となってしまいます。

マニキュアの場合は、むしろコーティングとして爪の保護として役立ちますからバッフィングする事の恩恵を充分に受ける事ができるのですが、ジェルネイルを日常的に使用しているという場合は、特別表面がガタついているという事でも無い限りは必要ありません。

自身について神経質であるという自覚がある場合は、ついつい表面を磨きすぎて薄くなってしまう事もありますから特に注意が必要です。

そこにジェルネイルを施す事によって指先が荒れるなどの症状が出る場合もあります。

お肌や髪の毛の手入れにも同様の事が言えますが、お手入れのしすぎは却って荒れる原因ともなるという事を忘れず、自分でやるなら適度なバッフィングのやり方をしっかり学ぶか、でなければネイルサロンでにお任せしてしまう事が一番です。
季節に合ったジェルネイルデザインはこちら