爪を傷めないよう、ジェルを落とそう

爪を痛めないように落とす方法

ジェルネイルを落とす為に必要な道具は、

アセトン、コットン、アルミホイル、粗めのファイル(やすり)、細かめのファイル、ウッドスティックです。

まず下準備として、ジェルネイルの表面を粗めのファイルで削ります。

この時、表面のツヤがなくなるまでしっかりと削ります。

ただしあまりやり過ぎると、爪の表面まで傷つけてしまうので、様子を見ながら進める事が大切です。

こうする事で、アセトンの浸透が高まります。

コットンを4分の1くらいの大きさに切り、アセトンをたっぷり染み込ませます。

それをネイルに当てるように置き、ホイルで包み込むように巻きます。

10分から15分ほど放置しますが、アルミの上からホットタオル等で温めると、より効果的です。

アルミとコットンを外したら、ジェルネイルが浮き上がっているので、これをウッドスティックで優しく削ぎ落とします。

この時も無理矢理やると、爪を傷めるので加減しながらやります。

もし1度で落ちきらなければ、もう1度同じ行程を繰り返しましょう。

表面に少しだけジェルが残った場合は、細かめのファイルで削り落とします。

アセトンは揮発性なので、爪の水分も失われてしまいます。

アフターケアとして、オイルマッサージをすると良いです。

爪を傷めない為には、あくまでも優しく、様子を見ながら進める事が大切です。